水分補給 向いてるものそうじゃないもの

水分毎日しっかり摂ってますか。喉が乾いてないから飲まないのは、実は体によくないことですよ。
知らない間に僕らの体から水分はどんどん減っていってるんです。人間の体は、半分以上が水分なので、水分補給はとても重要な役割を担っているんです。

なぜ水分補給が必要か

人間の体の約60%は水分

前日の記事「【男性の乾燥肌】なってしまう原因とその予防や対策を紹介」でもちょこちょこ書いてますが、乾燥肌に必要なのは潤いなんです。保湿されていないと、肌がカサカサになってしまったり。

これは、人間の体というのが6割が水分でできているからなんです。もっと言えば水分に含まれるミネラルなどが体温調節などの機能を持っているので、とても重要なものなんです。

熱中症、脱水症状の原因になる

夏に特に多い熱中症。こまめな水分補給をせずにずっと過ごしてしまったりすることで発生してしまうのを知っている人も多いはずです。最悪救急車を呼ばないといけないぐらいの大惨事になることも。

大塚製薬さんのサイトに書かれていたのを参考にすると、

一般的に、人の1日の水分出納は約2.5Lです(尿:約1,500ml、不感蒸泄※:約900ml、便:約100ml)。夏場は汗をかく分、意識して水分の摂取を心がける必要があります。
引用元:大塚製薬

だそうです。人間には、水分補給がとても大事なのが分かりますね。

水分補給にいい飲み物

水と塩分

水分補給で一番手っ取り早く飲めるのは水ですね。浄水器を通したり店頭で購入したり、とても身近にある飲み物です。

ただ、夏場など汗をかいているときは特になんですが、水だけでは不安が残ります。実は、少量の塩分も必要になってくるんです。体内の塩分濃度維持も重要で、大量の汗をかいている場合は特にです。
効率的に素早く水分が体内に吸収されるように、塩分チャージなどの飴を持っているのもいいかもしれません。

実際に、僕が参加している子どもキャンプでは夏場は、水筒と塩分チャージを定期的に摂取して熱中症対策をしています。

[itemlink post_id=”1916″]

オーエスワンのような経口飲料水

脱水症状の時にはとても効果がありますが、普段の健康な状態でも水分補給には向かないかもしれません。

高速で、水分や塩分をなど水分補給に必要な成分を摂取することができます。

[itemlink post_id=”1917″]

スポーツドリンク

アクエリアスがとても有名ですね。スポーツやっている人がいつも飲んでるイメージがあります。夏になるとさらに飲んでる人が増えてる感じもしますが、この飲み物も水よりも効率的に素早く水分を吸収してくれます。

ただし、人によっては濃ゆく感じる人もいるので、水を少し足して飲むのもいいかもしれません。

[itemlink post_id=”1918″]

利尿作用のある飲み物は水分補給にならない

  • お酒
  • コーヒー

この2つの飲み物に共通するのは、利尿作用が強いということです。お酒にはアルコールが、コーヒーにはカフェインが入っていますが、このどちらかの成分を含む飲み物を”水分補給”として飲んでいる方は、かなり非効率なので、控えたほうがいいと思います。

他にも緑茶などもカフェインが入っているので、体内の水分を排出しようとする働きが作用します。

楽しむ分には、全然問題ないです。僕もお酒は飲めないですがコーヒーはよくカフェなんかで飲んだりしますので。

ただ、水分補給のためにということであれば、飲んでも飲んでも排出されるばかりでなかなか体内に吸収されないので非効率です。